バースレビュー H30年度 No.1

一人目の時と痛むところが違って、やはり毎回大変な思いをして赤ちゃんが生まれてくるんだなと思いました。
前回は上手に息を吸えなかったので、なるべく赤ちゃんに酸素がいくように頑張りました。
希望のアクティブチェアを早い段階で持ってきてもらえたのが良かったです。
(ご主人より)2人目でも赤ちゃんが産まれてくる瞬間は涙が出るくらい嬉しいし、感動しました。妻や子供には感謝と尊敬しか見当たらないです。そんな姿を見せられ父として成長しないと、と自覚させられました。

今までお産=恐怖と思っていましたが、今回は産みの苦しみ=命の尊さに感じました。助産師さんが赤ちゃんの体勢を伝えてくださり、四つん這いの方が赤ちゃんが下りてきやすい等、今の赤ちゃんの状況を教えてもらえたのが助かり頑張れました。

痛すぎて苦しくてどうなってしまうんだろうと思う反面、始まった以上終わりが来るとも思う事ができ頑張れました。お産ってすごいな、壮絶だな、体験してみないとわからないなと思いました。呼吸がついつい口からだけになることが多かったですが、声掛けで我に返って「鼻から吸って口から吐く」に切り替えるよう頑張れました。

楽しいお産にしたいと思っていましたが、想像以上の痛さにその余裕がありませんでした。ですが、アットホームなお産ということで、本当にお家でお産をしているような環境で産むことが出来ました。分娩台ではなく畳の上というのもとても良かったです。
大声を出すことで痛みを軽減しようとしたのと、いきまないように頑張りました。叫んだことで余分な力が抜けて良かったです。(クローバーコース)

 「産科のご案内」に戻る

PageTop