周産期医療センター(産科)

 

診療内容・特色

男性医師5名、女性医師2名、全員が産婦人科専門医で、産婦人科全般にわたって診療しています。セカンドオピニオンの役割も果たします。

札幌市産婦人科救急の準3次救急医療を担っています。
≪産科≫
1) 地域周産期母子医療センターとして、MFICU、NICU、小児科、麻酔科、手術室等、院内の各部署と連携をとり、緊急事例に対応しています。
2) 2016年は103例のの母体搬送(早産、合併症)を受け入れました。
3) 助産師外来をはじめ、きめ細やかな助産師の役割を拡げています。
≪婦人科≫
1) がん検診のみの希望者(自費)には、お待たせしない診療を行っています。
2) 主に良性疾患に対応しています。
3) より高次の治療を要する方は、責任を持ってご紹介します。

 >>周産期医療センターのご案内

医師紹介

  山田 俊  (部長 日本産科婦人科学会専門医・指導医
兼周産期医療センター長) 日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医・暫定指導医
母体保護法指定医
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法専門コースインストラクター
日本妊娠高血圧学会評議員
  小田 泰也 (医長) 日本産科婦人科学会専門医・指導医
母体保護法指定医
  小山 貴弘 (医師) 日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医
金川 明功 (医員) 日本産科婦人科学会専門医
  小野寺 康全 (非常勤医師) 日本産科婦人科学会専門医
  佐々木 瑞恵 (非常勤医師) 日本産科婦人科学会専門医
  山村 満恵 (非常勤医師) 日本産科婦人科学会専門医
PageTop