理念・基本方針・看護理念・患者の権利と責任・適切な意思決定支援に関する指針

理  念
 地域の人々を中心にした質の高い医療・介護を提供し地域から信頼される病院になります。
基本方針
 1. 一人一人の権利を尊重し、人間愛を基調とした医療・介護を行います。
 2. 安全を第一に説明と同意に基づく医療・介護を行います。
 3. 地域との連携を推進し求められる医療・介護を行います。
 4. 地域の健康増進をめざし、保健予防活動を推進します。
 5. 地域医療機能の推進をもって医療・医学の発展に貢献します。
看護理念
患者さんの人権を尊重し、質の高い看護サービスを提供します。
患者の権利と責任
 

 1.知る権利
患者さんは、自己の医療に関して、治療内容などについて十分に納得いく説明を求めることができます。 

 

 2.自己決定の権利
患者さんは、納得できるまで説明を受けた上で、自分の意思で、検査、治療などの医療行為を選択、あるいは他の医師の意見
(セカンドオピニオン)を求めることができます。


 

 3.プライバシーが守られる権利
患者さんは、自己の医療に関する記録、個人情報及びプライバシーについて保護される権利があります。

 

 4.協力する責任
患者さんは、病院職員と協同して医療に参加する責任があります。

適切な意思決定支援に関する指針

ishikettei-shishin
PageTop