耳鼻咽喉科

Otolaryngology (Ear, Nose & Throat)
 

診療内容・特色

2名で耳鼻咽喉科一般の診療を行っています。
耳鼻咽喉科疾患を幅広くかつ深く診療しております。医長太田は、頭頸部腫瘍、鼻副鼻腔疾患、嚥下障害、補聴器診療を主に担当しております。

◆手術
中耳手術、鼻副鼻腔手術、口腔咽頭、喉頭微細手術、頭頸部腫瘍手術など幅広く行っております。鼻副鼻腔腫瘍手術にナビゲーションシステム、甲状腺などの頸部手術に神経モニタリングシステムを使用、副損傷の可能性を減らし、より正確で治療効果が高くなるよう努めています。
◆神経耳鼻
めまい、急性感音難聴、顔面神経麻痺などの入院治療に力を入れております。当院で独自に開発しためまいリハビリ治療を行い、良好な成績を得ています。顔面神経麻痺には言語聴覚士による専門的リハビリを行い、合併症の発症頻度を低下させています。補聴器診療では、難聴者に対してのみではなく、補聴器を用いた耳鳴の治療も積極的に行っています。
◆嚥下障害
多職種による嚥下障害の評価・リハビリにおいて、嚥下内視鏡等を当科で施行、治療方針の決定を行っております。嚥下内視鏡検査の施行件数は道内トップクラスです。
◆急性疾患
病診連携による急性感染性疾患(扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、深頸部膿瘍)などの入院治療も積極的に受け入れています。

 

医師紹介

太田 亮 (医長) 日本耳鼻咽喉科学会専門医・指導医
日本気管食道科学会認定医
藤原 智貴 (医員)
PageTop