腎・膠原病センター(膠原病内科)

Connective Tissue Disease


診療内容・特色

腎臓内科、膠原病内科は腎・膠原病センターとして連携しながら診療をおこなっています。腎障害の鑑別や、腎生検、血漿交換療法、透析など腎疾患の合併する症例、自己免疫疾患や全身疾患が疑われる症例では特に密接な連携をとり、治療をおこなっています。
膠原病内科は不明熱の鑑別から、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、血管炎症候群などの入院加療や、外来での維持治療をおこなっています。また、他診療科と連携し、呼吸器や肝炎など合併症のある患者さんの治療をおこなっています。

医師紹介

  浄土 智 (腎・膠原病センター長) 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本リウマチ学会専門医・指導医
  志田 玄貴 (医師) 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本臨床免疫学会免疫療法認定医
PageTop