平成29年度 北海道病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1320 107 192 346 300 424 941 1261 932 186

0歳から9歳までの人数が大変高いですが、当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けており、また、周産期医療センターを設置し、産科・新生児科がチームで対応しております。そのため小児科にかかるお子様と合わせて人数が高くなっております。また、高齢化社会に入り、60歳代から80歳代の患者様の人数割合が高くなっております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎   手術・処置等2:なし 77 20.89 19.65 5.19% 76.84
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 55 11.11 11.99 0.00% 69.33
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 43 6.91 3.59 0.00% 71.84
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 37 20.84 14.60 24.32% 75.41
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 25 14.76 13.83 8.00% 75.64

間質性肺炎(一般的な肺炎とは異なり、肺の肺胞の壁(間質)が何らかの原因により、炎症・線維化が起こる病気です。)や、悪性腫瘍に対する抗がん剤治療、検査・治療のための入院、慢性閉塞性肺疾患(COPD)が上位を占めております。一般的な肺炎の入院も相当数ありますが、平成28年度改定にて診断群分類が細分化されたため、上位には入っておりません。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 62 13.66 10.61 12.90% 76.50
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2:なし 46 17.26 11.44 6.52% 71.41
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎   手術・処置等2:なし 33 6.12 5.50 0.00% 49.06
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 なし 32 7.59 7.87 0.00% 62.59
060050xx0310xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 27 13.37 15.39 0.00% 72.93

総胆管結石などの胆石症に伴う内視鏡手術を伴う入院、また、ウィルス性の腸炎、肝臓の悪性腫瘍に対する治療、大腸・小腸の憩室症(大腸・小腸の壁が外側に膨らんでしまう状態です。)の治療のための入院が上位を占めております。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 338 7.13 6.18 4.44% 0.00
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病:なし 115 5.01 5.94 0.00% 1.36
040100xxxxx00x 喘息   手術・処置等2:なし 副傷病:なし 81 4.73 6.32 0.00% 2.30
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) なし 手術・処置等2:なし 80 9.88 11.49 2.50% 0.00
030270xxxxxxxx 上気道炎 76 4.20 4.84 0.00% 2.92

新生児で体重が少ない場合の管理的入院がNICU入院の多くを占めております。また、喘息や気管支、上気道の炎症(かぜ)が小児病棟の入院の代表例です。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2:なし 88 28.61 31.42 0.00% 32.56
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 69 9.64 9.75 0.00% 34.03
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 なし 手術・処置等2:なし 48 26.21 20.41 2.08% 31.15
120260xx99xxxx 分娩の異常 なし 18 6.39 4.75 0.00% 33.78
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 なし 17 10.47 6.70 5.88% 34.76

切迫早産への対応や既往帝王切開妊娠等の帝王切開術など、産科系・出産に関する入院が上位を占めております。上位5位までには入っておりませんが、婦人科系の疾患も対応しております。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 27 14.63 12.23 22.22% 66.00
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:1あり 副傷病:なし 18 23.56 14.55 33.33% 73.06
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 なし 手術・処置等1:あり 副傷病:なし 16 4.00 7.35 0.00% 54.88
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 なし 手術・処置等2:なし 14 23.00 22.12 14.29% 62.07
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 12 9.33 8.50 0.00% 73.17


慢性腎不全やネフローゼ症候群の患者さんが多くを占めており、透析を開始するためのシャントの作成、透析・腹膜潅流を伴った治療のための入院が上位を占めております。

なお、入院後の透析を他の病院に依頼することも多いため、転院率が比較的高くなっております。


膠原病内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2:なし 48 15.54 17.16 6.25% 69.10
040110xxxxx0xx 間質性肺炎   手術・処置等2:なし 12 23.50 19.65 8.33% 67.50
070470xx99x0xx 関節リウマチ なし 手術・処置等2:なし - - 13.72 -% -
070470xx99x4xx 関節リウマチ なし 手術・処置等2:4あり - - 13.17 -% -
070560xx97x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術あり 手術・処置等2:なし - - 28.63 -% -


一番目と五番目の「全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患」は、対象の病気が幅広いですが、診療科名のとおり「膠原病」に該当する病気となります。

また、間質性肺炎や、件数が10件未満ですが、関節リウマチの件数も多くを占めております。




初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 - - 24 - - 1 7
大腸癌 12 20 17 25 18 17 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 23 - 30 133 37 52 1 7
肝癌 - 16 17 - 26 46 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約


呼吸器センター、消化器センターを設置している関係で、胃・大腸・肝癌と、肺癌の件数が多く、乳癌の件数は各ステージとも10件以下となりました。患者数は再入院の際もカウントするため延べ人数となります。

これらのステージをはじめ、患者様個々の状態に合わせて、当該診療科や腫瘍内科の医師と患者さんとで、手術や化学療法、他院での放射線治療などの方針を検討していきます。


成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 8.87 50.45
中等症 100 22.90 79.32
重症 18 27.83 79.39
超重症 - - -
不明 - - -


市中肺炎とは、通常の日常生活を送っている中で起こる肺炎のことをいいます。対義語は「院内肺炎」といい、病院等に入院中の方が感染してしまう場合です。

ここでは市中肺炎の重症度別患者数を出しております。超重症者もおりますが10件未満となりました。やはり重症になるほど平均在院日数も上がります。平均年齢も、年齢が高いほど重症化しやすい傾向があるようです。


脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -%
その他 - - - -%

当院は脳神経外科等がありませんのですべて10件未満です。当院で脳梗塞が疑われた場合は、脳神経外科のある病院に紹介させていただきます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


呼吸器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 14 41.29 45.86 50.00% 80.50
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - -% -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - -% -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - -% -
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) - - - -% -

中心静脈に栄養を送り込むカテーテルを留置する手術が14件ありました。呼吸器内科は手術等を施行する頻度が少ない科ですが、呼吸器内科で入院しながら他科の手術を行なった場合等、他科の手術が統計上カウントされております。



消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 230 0.05 1.07 0.00% 64.41
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 53 3.28 13.75 13.21% 75.96
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 46 1.87 13.33 6.52% 69.65
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 40 2.43 14.60 5.00% 71.63
K654 内視鏡的消化管止血術 34 0.88 8.74 11.76% 69.47

短期入院で行う大腸ポリープ切除術が多くを占めております。他にも胆管や膵管ステント留置術、肝臓の悪性腫瘍部分に送られている血管を塞栓する手術、胃潰瘍等出血に対する止血術が上位を占めております。



小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 29 1.31 3.69 0.00% 0.93
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 13 0.00 32.31 7.69% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) - - - -% -
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - - - -% -
%

小児科と関わりのある手術は、鼓膜切開術と新生児仮死蘇生術(第1度、2度)がほとんどです。仮死蘇生術後、安定するまでの管理に日数を要すため、平均術後日数は高くなります。



外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 47 4.26 6.72 0.00% 62.17
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 37 1.54 3.51 2.70% 71.46
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 25 3.28 12.16 4.00% 73.24
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 22 4.50 16.00 4.55% 71.73
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 20 0.45 3.45 0.00% 31.55

胆石・胆嚢炎に関連した腹腔鏡下胆嚢摘出術、鼠径ヘルニア手術、また、腹腔鏡・胸腔鏡下での肺や結腸の悪性腫瘍切除術、虫垂切除術が上位を占めております。



整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 40 5.78 30.03 57.50% 78.83
K0811 人工骨頭挿入術(股) 13 7.00 36.54 76.92% 79.69
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 12 8.33 27.58 0.00% 72.50
K0462 骨折観血的手術(下腿) - - - -% -
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) - - - -% -

大腿骨の骨折に対する手術(人工骨頭に置き換える手術を含む)が多くを占めております。またヘルニア他脊椎の痛みを除去する脊椎固定術等が上位を占めました。10件未満ですが下腿の骨折に対する手術なども行っております。なお、骨内異物除去術とは、骨折の手術の際に入れた金属を取り除く手術のことです。



産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 92 14.52 6.93 0.00% 33.32
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 83 8.20 7.00 0.00% 32.99
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 12 1.42 3.58 0.00% 46.33
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 - - - -% -
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) - - - -% -

産科は帝王切開術(緊急・選択的)が手術件数の大多数を占めております。この他腫瘍摘出術や子宮の全摘術も上位に入っております。



眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 95 1.78 2.99 0.00% 75.93
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - -% -
K220 結膜縫合術 - - - -% -
K2231 結膜嚢形成手術(部分形成) - - - -% -
%

白内障の治療となる水晶体再建術が眼科手術の9割以上を占めており、短期入院での手術となります。他の手術も件数は10件未満ですが対応しております。



耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 43 1.21 0.23 0.00% 6.84
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 34 1.65 6.74 0.00% 51.68
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 31 1.39 7.65 0.00% 23.90
K318 鼓膜形成手術 - - - -% -
K386 気管切開術 - - - -% -

滲出性中耳炎の治療となる鼓膜チューブ挿入術、慢性副鼻腔炎の治療となる内視鏡下鼻・副鼻腔手術、扁桃腺の摘出術が多くを占めております。



泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 47 1.15 5.68 4.26% 73.72
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 18 2.00 4.22 5.56% 63.00
K836 停留精巣固定術 16 0.88 1.13 0.00% 3.13
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 15 2.47 9.27 0.00% 68.20
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 13 1.15 6.31 0.00% 68.92

膀胱や腎臓の悪性腫瘍に対する手術が多くを占めております。また、尿路結石の除去術や停留精巣の固定術も件数が多くなっております。



腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 23 15.35 14.87 21.74% 70.70
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - -% -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - -% -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - -% -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - -% -

腎臓内科は、透析に関する手術(シャント設置術、シャント拡張・血栓除去術、腹膜透析カテーテル腹腔内留置術)が上位を占めております。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 20 0.33
180010 敗血症 同一 23 0.38
異なる 18 0.30
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.18
異なる - -

身体の状態として重篤な播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌感染症(カンジダやアスペルギルス、クリプトコッカスなどがあります)の発生率、また、手術、処置等の合併症(薬剤性ショックやカテーテル感染、術後の出血他)の発症率を表しています。入院契機の「同一」「異なる」は、入院の契機となった病名と医療資源を最も使った病名が同一か異なるかを表しています。入院途中で播種性血管内凝固症候群や敗血症の状態になってしまうケースが多いですが、より状態の重い患者様を受け入れ、治療の段階で発症してしまうケースや、入院時の様々な身体状態の中で考えられた病名と、その後の検査結果で判明する場合もあると考えられます。その他の真菌感染症や手術・処置等の合併症も件数は10件未満ですが、各数例発生しております。

更新履歴
 

2018/9/19
新規作成
 
PageTop