令和3年度 北海道病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 823 124 193 414 355 540 865 1605 1198 311


昨年度に比較して548人増加しており、20~、60~を除く全ての年代で増加しています。

特に70~が226人増の他、50~、10~、0~の年代が2桁後半の増加を示しています。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

糖尿病内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)   手術・処置等2:1あり 63 11.79 14.41 1.59% 68.54
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)   手術・処置等2:なし 45 10.91 11.15 2.22% 67.82
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 副傷病:なし 41 7.39 6.66 0% 59.17
10006xxxxxx1xx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)   手術・処置等2:1あり 11 12.27 13.42 0% 56.36
10008xxxxxx1xx その他の糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)   手術・処置等2:1あり 11 14.82 18.82 9.09% 73.73

2型糖尿病に対するインスリン注射を伴った治療や教育的入院、他の疾患に対する手術のための血糖コントロールを目的とした入院が多くを占めております。1型糖尿病にも対応しておりますが、生活習慣病である2型糖尿病の人数と比較すると、やはり少なくなります。その他原発性アルドステロン症を初めとした内分泌疾患の確定診断を目的とした入院も増加傾向となってきております。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 68 3.06 3.30 1.47% 73.91
040110xxxxx0xx 間質性肺炎   手術・処置等2:なし 64 25.48 18.42 6.25% 75.5
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2:なし 39 24.18 20.57 48.72% 85.74
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 36 15.36 13.12 44.44% 77.69
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 31 5.94 9.07 0% 75.94
原発性肺癌を主とする悪性腫瘍に対する抗癌剤治療、検査・治療のための入院および間質性肺炎が上位を占めています。間質性肺炎は通常の肺炎(細菌・ウィルスが原因)とは異なり、原因不明の炎症・繊維化が肺の間質(肺胞と肺胞の間の組織)におこる病気です。間質性肺炎は難病であり大学病院を除いた一般の病院では非常に数が多いと言えます。誤嚥性肺炎は高齢化社会で増加傾向にあり、ここ数年で上位になってきています。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 193 2.08 2.65 0% 66.84
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 111 10.23 9.21 5.41% 73.63
060370xx99x0xx 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術なし 手術・処置等2:なし 39 8.44 12.82 0% 56.08
060340xx03x01x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2:なし 副傷病:あり 36 13.92 17.28 13.89% 77.25
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 29 12.97 11.68 3.45% 78.45
大腸ポリープの内視鏡手術、総胆管結石・胆道感染に対する内視鏡的な手術、腹膜炎・膵腫瘍に関する治療が上位を占めていますが、消化器疾患全般に対応しております。

膠原病内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 41 13.10 14.75 21.95% 69.61
070560xx99x01x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:あり 28 26 24.06 7.14% 64.5
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2:なし 9 26.78 15.5 22.22% 75.67
070560xx97xxxx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 6 62.67 36.13 33.33% 83.17
070560xx99x70x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2:7あり 副傷病:なし 6 8.33 21.03 0% 66
当院に紹介される膠原病患者では、重篤な臓器病変を有する患者が多いが、経過中に他疾患を合併し、当科での診療継続を希望される紹介患者が増えてきている。また、近年の高齢化社会を反映して、膠原病とは直接関連のない併発症、特に誤飲性肺炎やADL低下による入院患者も増え、転院を要する長期入院も増えてきている。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(2500g以上) 手術なし 手術・処置等2:なし 327 8.12 6.13 3.67% 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2:なし 55 15.13 11.01 0% 0
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)   副傷病:なし 41 5.24 5.83 0% 1.07
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2:2あり 35 32.74 28.14 0% 0
030270xxxxxxxx 上気道炎 31 3.94 4.78 0% 3.39
新生児の低出生体重児の管理入院が多くを占めています。合併症をもって出生する新生児の搬送受け入れも多く、平均在院日数は全国平均よりも長くなっています。小児一般病棟の入院は、呼吸器感染・消化管感染などの急性期疾患が主体です。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 55 7.36 7.11 1.82% 63.65
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 51 9.88 10.47 0% 71.02
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠 径ヘルニア等 29 4.66 4.74 0% 71.41
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 27 4.26 5.4 0% 45.44
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1:なし 副傷病:なし 22 13.55 15.76 0% 75.27
当院の外科は呼吸器センター、消化器センターのチームの一員として、呼吸器外科、消化器外科的手術を多く行っております。
胆嚢結石に伴う胆嚢摘出術や、肺や結腸の悪性腫瘍に対する切除術、虫垂切除術(盲腸)が多くを占めております。傷口が少なく比較的短期間で退院可能な腹腔鏡・胸腔鏡手術を積極的に取り入れておりますが、状況に合わせて開腹手術も提案・実施させていただいております。また、上位には入りませんでしたが乳癌・甲状腺癌にも対応しております。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 70 37.2 25.32 80% 80.59
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 31 23.9 19.34 93.55% 81.77
160990xx99x0xx 多部位外傷 手術なし 手術・処置等2:なし 18 22.83 17.12 77.78% 85.89
160800xx99xxxx 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 14 13.29 15.02 78.57% 77.29
160800xx97xxxx 股関節・大腿近位の骨折 その他の手術あり 11 22.09 14.9 54.55% 79.73
骨盤、股関節、脊椎外傷が多く特に、高齢者に多い大腿骨頸部骨折、脊椎圧迫骨折への対応が増えています。疾患により、手術治療、保存治療から最適な治療を行い、当院で急性期治療後に回復期リハビリテーションでの治療を継続するため、転院率が高くなります。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
120170x199xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 手術なし 46 31.87 21.53 15.22% 32.83
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 44 9.57 9.39 0% 34.16
120170x101xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 子宮破裂手術等 38 41.66 37.4 0% 31.97
120260xx99xxxx 分娩の異常 手術なし 37 7.59 4.72 0% 33.86
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 28 10.07 9.38 0% 32.46
地域周産期医療センターとして母体搬送やハイリスク妊娠症例を多く受け入れているため、早産、切迫早産が上位になっています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度:片眼 42 2.38 2.71 0% 75.45
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度:両眼 29 5 4.83 0% 75.1
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし 2 2 2.61 0% 82.5
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 2 2 3.25 0% 74.5
020280xx97xxxx 角膜の障害 手術あり 2 11 9.56 0% 82
白内障手術を主として行っていますが、病態により緑内障など他の手術も可能です。

耳鼻科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 39 8.62 8.75 0% 60
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 32 7.84 9.01 0% 61.09
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 27 6.11 4.92 0% 68.07
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 26 7.96 7.84 0% 25.65
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 25 5.04 5.71 0% 42.88
「前庭機能障害」はメニエール病などの耳の前庭部分から来る「めまい」等への対応です。他にも扁桃炎等の疾患、突発性難聴、一般的に「ちくのう」と呼ばれる慢性副鼻腔炎への対応が多くを占めております。

放射線科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx991xxx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 22 2 4.01 0% 58.05
原発性アルドステロン症の手術適応を決定するのための副腎静脈サンプリング目的の入院で、その結果により方針が決まります。全国平均に比べて在院日数が短いのが当科の特徴です。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症   手術・処置等1:なし 16 12.25 13.07 0% 62
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 8 7.88 9.22 0% 71.25
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2:なし 2 6 12.25 0% 50.5
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 1 4 7.75 0% 36
100100xx99x1xx 糖尿病足病変 手術なし 手術・処置等2:あり 1 36 27.73 0% 49
帯状疱疹や膿皮症の中でも蜂窩織炎の入院が多くを占めております。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 127 7.54 8.23 0% 74.56
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1:なし 副傷病:なし 53 6.34 5.56 1.89% 64.02
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 52 2.06 2.5 0% 68.38
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2:なし 46 10.13 7.02 0% 77.22
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 34 8.97 13.14 2.94% 75.18
令和3年1月に前立腺肥大症に対するツリウムレーザー前立腺蒸散術を開始しました。そのため、前立腺肥大患者数が増加しています。
膀胱腫瘍、尿管結石症の患者数も増加しています。高齢者の急性腎盂腎炎や敗血症患者数も増加しています。
患者の紹介があれば、積極的に受け入れて治療を行っています。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 68 8.07 10.39 4.41% 53.07
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし  手術・処置等1:なし 手術・処置等2:1あり 19 16.11 13.74 10.53% 67.74
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 18 7.39 7.87 0% 68.94
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術  その他の動脈等 手術・処置等2:1あり 17 48.47 34.08 17.65% 71.18
110280xx9902xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:2あり 10 9.1 8.75 0% 59.1
腎硬化症、糖尿病性腎症による慢性腎臓病(CKD)の入院が多くを占めております。特に腎代替療法に関わる内シャント作成術の入院、その後の血液透析導入の入院の割合が多いです。一方で、腎生検、糸球体腎炎、血管炎、ネフローゼ症候群に対する治療、腹膜透析関連入院は一定数を維持しております。患者層の高齢化を反映して、腎以外の合併症の精査加療や、在宅生活継続困難症例に対する退院調整するケースも増えており入院日数は長期化する傾向にあります。

麻酔科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー   手術・処置等2:なし 1 2 12.06 0% 45
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 1 14 9.22 0% 68
当科は病床の定数がなく、入院症例は主に神経ブロック療法の適応です。上記の一例は難治性疼痛症例の脊髄刺激電極抜去のための入院。もう一例は高度の帯状疱疹後神経痛で、神経根ブロックを施行後、入院下に内服薬調整を行いました。2021年度の外来での上位3疾患は、1)帯状疱疹関連痛21例、2)筋・骨格系疼痛(脊椎・関節疾患、筋・筋膜性疼痛)12例、3)遷延性術後痛6例です。その他に分類される12症例の内訳は、症候性陰部・肛門痛、CRPS(複合性局所疼痛症候群)、断端痛、慢性頭痛、膠原病関連痛(多発筋痛症、強皮症)、腹壁神経痛、等でした。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 97 3.29 3.06 1.03% 69.8
050050xx9920xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:2あり 手術・処置等2:なし 43 3.26 3.27 0% 71
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし、1,2あり 手術・処置等2:なし 42 3.4 4.36 0% 69.14
050050xx0203xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし、1,2あり 手術・処置等2:3あり 36 5.39 9.62 0% 72.47
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 29 13.55 17.35 10.34% 79
おおむね目標達成されている。 心不全患者は,全世界的な動向同様高齢化の一途をたどり在院日数延長しており,転院率も高い.地域とのより密接な連携が今後さらに必須になってくる
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 27 2 9 19 2 8 1 8
大腸癌 16 39 18 43 9 12 1 8,7
乳癌 10 5 3 2 0 0 1 8
肺癌 54 24 34 105 18 62 1 8
肝癌 6 14 9 14 1 38 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌の患者数は概ね例年と同じですが、総数として若干増加傾向です。肺癌に関してはStageIV割合が減少し、StageI~IIの件数が増加しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード




患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 8.58 56.42
中等症 46 16.89 79.43
重症 11 17.45 87.55
超重症 9 22.44 83.78
不明 0 0 0
市中肺炎とは、通常の日常生活を送っている中で起こる肺炎のことを言います。(入院中に起こる院内肺炎に対した用語です)
市内の医療機関からの信頼を得て、中等症以上の肺炎が集まっています。重症化と共に患者の高齢化が認められ、また平均在院日数も延長しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 7 11 71.43 79.86%
その他 2 7.5 50 77%
当院は脳神経外科等がありませんので、脳梗塞等が疑われた場合は、脳神経外科のある病院に紹介させていただきます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

呼吸器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 13 21.92 19.31 76.92% 84.92
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 10 7.8 12.6 10% 74
K496-5 経皮的膿胸ドレナージ術 6 1.17 18.67 0% 76.17
K386 気管切開術 3 22 58.33 66.67% 66.33
K5091 気管支異物除去術(直達鏡によるもの) 3 0 1.67 0% 80
中心静脈注射用植込型カテーテルは抗がん剤の投与を確実に行う目的でがんの患者さんに行っていますが、誤嚥性肺炎のため経口摂取が難しくなる高齢者が増加しており、同カテーテルを留置して高カロリー輸液をする症例が増えています。肺炎が進行し膿胸になると外から管を入れて膿を外に出す(ドレナージ)が必要となります。経皮的膿胸ドレナージ術が必要な患者さんは増加傾向です。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 185 0.47 1.14 0.54% 67.19
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 89 1.97 12.48 10.11% 74.43
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) 57 2.28 8.4 17.54% 77.93
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 47 2.43 9.06 4.26% 73.26
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 35 4.89 9.69 14.29% 71.91
大腸ポリープの内視鏡治療、総胆管結石や胆膵悪性腫瘍に関する内視鏡治療、及び肝硬変や癌性腹膜炎に対する治療が上位を占めています。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 7 0 26.86 0% 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) 6 0 28 33.33% 0
K300 鼓膜切開術 3 0.33 2.67 0% 1
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 2 0 1 50% 1
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) 1 9 5 0% 12
小児科関連の手術は、新生児仮死蘇生術 (第1度、第2度)が多く、安定するまでの管理に日数を要するため平均術後日数は長くなります。
他に、中耳炎に対する鼓膜切開術や腸重積症整復術、リンパ節摘出術がありました。

外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 76 1.93 4.24 1.32% 64.57
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 34 2.71 10.88 2.94% 69.88
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 27 0.44 2.81 0% 45.44
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 26 6.69 10.23 3.85% 75.08
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 25 0.44 6.48 0% 69.96
胆石・胆嚢炎に関連した腹腔鏡下胆嚢摘出術、また腹腔鏡・胸腔鏡下での結腸や肺の切除術及び虫垂切除術が上位を占めております。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 46 6.13 27.83 69.57% 80.37
K0811 人工骨頭挿入術(股) 27 7.22 29.96 96.3% 80.93
K0462 骨折観血的手術(下腿) 13 4.62 35.62 23.08% 58.23
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 11 1.36 5.27 9.09% 54.09
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 8 6.88 23 25% 65.13
股関節外傷に対する骨接合術、脊椎疾患に対する陰圧術、固定術、人工骨頭の手術が件数の上位を占めています。また、上肢疾患にも対応しています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 96 10.69 7.06 0% 32.63
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 63 13.57 7.05 0% 34.35
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 18 1.06 4.72 0% 49.22
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 15 0.93 3.67 0% 45.07
K893 吸引娩出術 12 1.75 6 0% 34.08
ハイリスク症例を受け入れているため緊急帝王切開の割合が半数近くになっています。腹腔鏡による婦人科手術も行っています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 72 0 1.36 0% 75.47
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) 2 0 1 0% 74.5
翼状片手術は入院と日帰り両方で行います。光凝固治療は網膜は基本的に外来で、急性緑内障に対する場合は眼の状態に寄り入院治療後と外来の両方で行います。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 41 0.98 5.95 0% 30
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 15 1 0 0% 4.2
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 14 1 4.93 0% 61.14
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 13 0.15 3.85 0% 48
K311 鼓膜穿孔閉鎖術(一連につき) 10 1 0 0% 8.6
滲出性中耳炎の治療となる鼓膜チューブ挿入術、慢性副鼻炎の治療となる内視鏡下鼻・副鼻腔手術、扁桃腺の摘出術が多くを占めております。

放射線科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
手術無し

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) 1 0 1 0% 74
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 1 0 1 0% 83
皮膚、皮下の良性腫瘍(ほくろやいぼ等のできもの)の摘出術が多くを占めております。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除・蒸散術(その他のもの) 105 1.56 5.28 0.95% 74.39
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 55 1.89 3.51 1.82% 65
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 55 1.45 6.64 0% 76.75
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 41 1.32 5.07 9.76% 70.76
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 22 1.68 5.68 0% 75.82
令和3年1月に前立腺肥大症に対するツリウムレーザー前立腺蒸散術を開始しました。そのため、前立腺肥大症の手術数が大幅に増加しました。
膀胱腫瘍、尿管結石の手術数も増加しています。尿管結石症例や尿管狭窄症例に対して尿管ステント留置も増加しています。

腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 40 11 15.7 10% 70.45
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 7 8.29 13.43 14.29% 77
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 6 3.67 16 0% 62
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 2 62 17.5 50% 82
0 0 0% 0
腎臓内科の手術としては内シャント手術が最多で例年通りの一定数を維持しております。腹膜透析カテーテル留置術および経皮的シャント拡張術・血栓除去術もは多少増減ありますが、一定数維持しております。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 62 1.6 1.79 0% 68.92
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 25 1.08 2.44 0% 73.48
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 16 2.25 9.19 6.25% 82.19
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 12 1.75 1.5 0% 79.25
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 7 0 17.14 14.29% 67.57
おおむね目標達成されている. ペースメーカー移植術は 心不全を伴った亜緊急症例も多く,状態の不良な症例を回復させたからの手術になるので,若干平均の術前術後日数の延長が見られる。

膠原病内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 2 51 13.5 100% 81
K386 気管切開術 1 34 18 0% 83
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) 1 4 10 100% 81
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 1 13 23 100% 83
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 1 5 84 0% 89
膠原病を有する高齢者で、感染症などを契機に、食事摂取ができない症例に対しては、中心静脈注射用植込み型カテーテルからの栄養補給も必要になることがある。また、高齢化を背景に他疾患の合併がある症例も多く、鑑別のためのリンパ節生検や、総胆管結石への対応を必要として症例もあった。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02%
異なる 18 0.28%
180010 敗血症 同一 10 0.16%
異なる 17 0.26%
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.02%
異なる 2 0.03%
180040 手術・処置等の合併症 同一 8 0.12%
異なる 4 0.06%
悪性腫瘍や感染症などの基礎疾患を背景に起こる重篤な合併症として知られる播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症およびその他の真菌感染症(カンジダやアスペルギルス、クリプトコッカスなどがあります)の発生率、また、手術、処置等の合併症(薬剤性ショックや カテーテル感染、術後の出血他)の発生率をそれぞれ表にしています。
入院契機の「同一」「異なる」は、入院の契機となった病名と医療資源を最も使った病名が同一か異なるかを表しています。
入院時より重症の患者様を受入れ、発症早期に重篤な合併症を併発する場合と、治療後の経過で入院後に合併する場合があります。
その他の真菌感染症や手術・処置等の合併症も件数も表の通りですが、術後の合併症は極力減少させるよう努めております。
更新履歴
10月3日ホームページ掲載
PageTop