センター長挨拶
センターのご紹介
交通のご案内
お問い合わせ先
健康診断の流れ
連携先病院
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
個人情報保護方針

乳がん検診における視触診の廃止について(平成30年4月1日より)

当健康管理センターでは、乳がん検診の受診機会の増加と受診率の向上のた
め、平成30年4月1日より視触診を廃止いたします。

 乳がんの罹患者数は、1994年に胃がんを抜いて女性第1位になって以
来増加を続けており、今でも年間約8万人が新たに乳がんと診断され、日本
人女性の約11人に1人が乳がんを患うと言われています。
 日本における乳がん検診の受診率は、欧米の70~80%に対して37%
と低く、その理由として検診機会が少ないことや視触診への抵抗などが考え
られます。
 マンモグラフィー併用の場合、視触診のみでがんを見つけることができる
確率は、検診者20~50万人に1人(0.002~0.005%)の割合と極めて
低くなっています。厚生労働省も視触診は必須ではないとし、視触診を積極
的に省略する施設も最近は増えてきています。
 視触診については、がんの発見率にほとんど差がないばかりではなく、受
診機会の増加や不必要な精密検査の減少、医師確保のためのコスト削減など
の効果もあるとされています。
そこで当健康管理センターでも平成30年4月1日より視触診を廃止し、乳
がん検診の受診機会の増加と受診率の向上に努めてまいります。
 なお、しこりや痛み、異常分泌等の自覚症状がある方については、これま
でどおり視触診を実施いたします。
PageTop