DEXA(骨密度測定)

        
 Dual-energy X-ray Absorptiometry
 
 

 骨密度測定とは、骨の中にあるカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分の量を計測するもので、骨粗鬆症の診断等に用いられます。
 このミネラル成分が不足してくると、骨がもろくなり骨折しやすくなります。
 当院で行っているDXA法による骨密度測定は、最も精度の高い方法で、測定時間も短いのが特徴です。主に腰椎と大腿骨頸部を測定しますが、健康管理センターではオプション検査として前腕骨での測定を行っています。

当施設の骨密度測定装置:全身用(1台)
 

放射線部トップへ戻る

PageTop