RI(ラジオアイソトープ(核医学))

        
 Radioisotope
 
 ラジオアイソトープ(核医学)検査では、放射性医薬品(少量の放射線を出す性質があります)を注射し、目的の組織に集まったところを、外部から専用の装置で体の内部を撮影します。
 主な撮影部位は、脳・甲状腺・杯・心臓・肝臓・腎臓・骨などです。
 注射以外にも、薬の種類によってカプセルを飲んだり、ガスを吸入することもあります。
当施設のRI検査装置:SPECT(1台)
 
脳血流SPECT検査 全身骨シンチグラフィー
 
 
心筋血流 SPECT検査
 

放射線部トップへ戻る

PageTop