X-P(一般X線撮影 : レントゲン撮影)

     
 X-ray Photograph
 
 

 一般X線(レントゲン)撮影検査では、X線を使ってカラダの様々な部位を撮影します。従来は、レントゲン専用のフィルムを用いていましたが、現在はデジタル化が急速に進んでいます。
 当院では、新たにフラットパネルディテクタ(Flat panel detector: FPD)を全X線一般撮影室およびポータブル撮影装置に導入しました。これは、従来のイメージングプレートを用いた手法に比べて、画質の向上と共に少ないX線量での撮影が可能で、大幅な被ばく低減を可能としています。
 小児用の小型FPDも導入し、新生児集中治療管理室(Neonatal Intensive Care Unit: NICU)での撮影にも対応しています。

放射線部トップへ戻る

PageTop